読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資材置場

いまだ作品の形にならぬ文章を一時保管する場です。

刃の緋女 1

"S.o.S.;The Origins' World Tale"
EPISODE in 1313 #A09"Hime; the Edged"/The Sword of Wish


 緋女の激怒は面に出ない、むしろ潮の引くように静まるのだ――ということを、ヴィッシュはその時初めて知った。
 彼女の顔に貼り付く、仮面のごとく無機質な表情。それはどこか、獲物を前にした狩人の顔にも似ている。
「……一緒に行くって言ったじゃん」
 冷たく研ぎ澄まされた抜き身の刃を思わせる、低く落ち着いた声色だった。日頃の騒がしさが嘘のよう。その静けさがかえってヴィッシュの不安を掻き立てる。彼は思わず目を逸らした。手元の細工仕事に取り掛かるふりをして。
 思えば、いさかいの原因は実につまらないことであった。事の起こりは3日ほど前。仕事中の雑談で、たまたまツェーニクの“音楽会”の話になった。港湾区の空き倉庫を借りて週に一度開かれているパーティ。そこには若い音楽家やダンサー、詩人、あるいはただのお祭り好きが寄り集まり、呑んで歌って踊り狂って、夜が明けるまで好き勝手に騒ぎ遊ぶのだ。
 緋女は大いに興味を示し、連れて行けとねだった。ヴィッシュとしても悪い気はせず、なら一緒に行こう、と約束した日がまさしく今夜。
 だが折悪しく、明日の朝から後始末人協会の急な会合が、それも遠く離れた西教区で行われることになったのだった。しかもヴィッシュ君是非参加せよと名指しされては、いつものようにすっぽかすわけにもいかない。となれば、今日の昼過ぎから泊まりがけで行かねば間に合わない。
「仕方ないだろ、仕事なんだから」
 後ろめたさを誤魔化すようにそう言うと、緋女の間髪入れぬ答えがあった。
「あっそ。いつまでも仕事大好きなヴィッシュでいてね」
「なんだその言い方!」
 しまった、と思った時には遅かった。既に声を荒げてしまっていた。後悔はすれど、吐いた唾は飲み込めない――いや、飲み込めないこともないのかもしれないが、それよりも、口惜しさのほうが勝っていた。
 無論、悪いのはヴィッシュだ。なにしろ緋女との約束の方が先なのだ。それに、名指しで呼びつけるくせに直前まで連絡しない協会の態度も気に食わない。以前のヴィッシュなら、会合など知ったことか、と一蹴していたに違いない。
 それでも足を運ぶ気になったのは、緋女たちとチームを組んだからこそだ。自分一人なら好きなだけ“まつろわぬもの”をやっていればよいが、仲間のできた今はそうもいかない。面倒でも協会員との繋がりを密にして、緋女たちに割のいい仕事を回してやりたい。
 そんな気持ちが、かえって彼を頑なにさせている。その矛盾を半ば自覚しながら己の感情を御しきれずにいる。一口に言えば、苛立っていたのである。
「音楽会は来週でもいいだろ」
「もういいし。あたし行かない」
「お前……!」
「っるせーな、わめくんじゃねえよ。頭痛え……」
「……勝手にしろっ」
 ふらりと出ていく緋女の背を見送りもせず、ヴィッシュは不機嫌にそっぽを向いた。
 その一部始終をじっと見つめる目がふたつ。奥の階段に腰掛け、小さく溜息を吐くのは、言うまでもなくカジュである。
「あーあ。コドモだね。」
「どっちが?」
「分かってるくせに。」
 カジュはひょいと肩をすくめ、
「まあ……。そうだね。
 夕べ、緋女ちゃんうっきうきで寝られなかったみたいよ。と、老婆心ながら付け加えておきます。」
 ヴィッシュは完全に沈黙した。