読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資材置場

いまだ作品の形にならぬ文章を一時保管する場です。

ザナリスの昏き竜姫 1-5

  *

 狂乱、という言葉は辞書で見た。平和と安寧の権化たるハチノスでは使いどころのない無駄な語彙だった。今日、この瞬間までは。
 経験したことのない恐るべき振動が次々に教室を襲い、僕らは泣き叫んだ。逃げなければ! 本能がそう告げていた。僕は新たな知見を得た――本能の言い分がどうであれ、とっさの時には身体が耳を貸さないものなのだと。
 ともあれ僕たちはすっかりすくみあがり、わめきながらその場にへたり込むしかなかった。少々気の利いたものでも、せいぜいが机の下に頭を突っ込んだ程度だ。やがて振動が収まり、みんながざわめきながら窓に寄っていく。僕も例外ではない。
 そして、事態を把握した。
 鮫。
「わあ!」
 僕は情けない悲鳴を上げて尻餅をついた。窓のすくそばを、巨大な鮫が通り過ぎていく。何を言っているのか分からないだろうね。当然だ、僕にも分からない。
 教室ひとつを丸呑みにするほどの巨大な鮫が、悠然と空を泳いでいる。
「敵だ!」
 誰かが叫んだ。クラスメイトの誰か、あるいは外の魔杖兵だったかもしれない。それを合図にしたかのように、魔杖兵たちが無数の《光の矢》を斉射する。人間なら一撃で風穴を開けてしまう恐るべき光線が、鮫の横腹に食いこんだ。
 鮫がぐらつき、聞く者の耳を引き裂くような悲鳴を上げて、傾きながら墜落を始める……
 僕らのいる教室棟に向かって!
「逃げろォ!」
 誰かの叫びが全員の身体を突き動かした。逃げ惑う生徒たち。僕も後ずさり、逃げ出しかけたところで、委員長(ダンクレア)がつまづき倒れているのに気づいて、力任せに彼女を抱き起こした。ふたりもつれ合うようにして走る。鮫はみるみる背後に迫り、
 轟音。
 僕と委員長は廊下まで吹き飛ばされ、“岩ならぬ岩”の壁にしたたか背中を打ち付けた。あとから飛んできたドアが僕らの上に覆いかぶさり、他の瓦礫を防いでくれた。
 生き延びた。と、胸をなでおろすと同時に、僕は頭の中に疑問符を浮かべていた。なんで、委員長など助けてしまったんだろう。やはりそうなんだ。とっさの時に、頭と身体はちぐはぐになるものなんだな。